複合加工

複合加工の特徴

複合加工

NC旋盤にマシニング加工が加わった複合加工機です。

マシニングの機械要素があるので、丸形状にプラスして様々な加工が可能です。

別名工程集約機とも呼ばれ、前工程を旋盤、後工程をマシニングというように一台の機械で複数の加工ができることが特徴です。五軸MC同様、ワンチャックで加工ができるため、同芯度、直角度などの幾何公差を高精度で加工できるほか、加工時間やコスト面でも効果があります。

測定器用部品や真空装置などの、円筒を基本とした複雑形状の加工にも広く使われます。

複合加工の種類

マシニングセンターと同様に「立形」「横形」「門形」の他に、昨今、研削加工、レーザー焼入れ、金属積層造形などの付加価値が付いた機械によって多様化が進んでいます。

金属加工技術

PAGETOP