マグネシウム

実用金属中「最も軽量かつ高強度」

  • 軽い(比重1.8。鉄の約20%、アルミの約33%の重量)
  • チタン並みの比強度
  • レース車両や検査機械、ロボットなどの幅広い業界で使用
  • 「材料が高価」「燃えやすい」「腐食しやすい」と言った欠点

マグネシウム加工事例

  • 自動車部品

    ZK60材マシニング加工
  • バルブ部品

    AZ31材複合加工

当社のマグネシウム加工について

セキダイ工業ではマシニング加工をメインに行っております。旋盤加工、複合加工機でも加工可能です。

ほぼ全ての機械で油溶性切削油を使用しており、マグネシウム加工専用機を設けないことで、サイズに縛られることなく、短納期のご希望にお応え致します。

 

対応ワークサイズ

・当社材料調達の場合・・・板物~250角、丸物φ20~φ200xL100

※φ20未満の物に関しては協力会社での対応となりますが、一度ご相談ください。

マグネシウムの特性

  • 圧倒的に軽い
  • 比強度(引張強度/比重)、比剛性(剛性/密度)に優れる
  • 衝撃吸収性に優れる(振動を嫌う音響機器や自動車部品にも使用)
  • 凹みにくい(他金属と比較しても凹みにくい為、カメラのボディにも使用)
  • 加工性の良さ(切削抵抗は弱く、温度変化による寸法変化が小さい)

マグネシウムの欠点

  • 材料が高価※アルミの約10倍
  • 発火しやすい※当社では発火対策万全で加工します
  • 腐食しやすい※表面処理で防錆対応します

マグネシウムの表面処理

  • マグネシウム加工部品

    マグホワイト

  • マグネシウム加工部品

    カラーマグホワイト

  • マグネシウム加工部品

    MX3処理

  • マグネシウム加工部品

    リン酸塩処理

取扱い材料

セキダイ工業が取り扱っているマグネシウムの種類を一部ご紹介いたします。

  • AZ31B
  • AZ61
  • AZ80
  • AZ91D
  • ZK60
  • ZK80
  • AM50A
  • WE43
  • KUMADAI耐熱マグネシウム合金
  • DRFマグネシウム合金

DRFマグネシウム合金…AZ80にDRF(Deformation Restricted Forging=変形拘束高負荷鍛造)法を施した高強度素材。川本重工株式会社と豊橋技術科学大学が新開発し、ジャパンファインスチール株式会社が取り扱いを行っている。現在はφ46mm×500mmのみ(500mm以内であれば切断可)の取り扱いとなる。

     

安心してお取引頂く為に

発火対策

全マシニングセンター、油溶性切削油の使用

加工機への「マグネシウム加工中」プレート表示(目視管理)

消火用乾燥砂の常設、切粉の個別管理

社内教育・防災訓練の実施による従業員の意識向上

まとめ

材料は高価ではあるが、軽量化を求める部品に最適なマグネシウム合金。

セキダイ工業では、マシニング加工を中心に「材料調達」から「表面処理」まで一貫対応致します。

現行の材質から変更検討など、是非お気軽にお問い合わせください。

対応素材

PAGETOP