普通鋼

普通鋼とは

普通銅

普通鋼とは鉄(Fe)に2%以上のC(炭素)を含んだ鉄の合金です。

 

一般に使われるのが鋼で鉄に2%以上の炭素が含まれたものです。炭素だけを主な合金元素とする炭素鋼とこれに炭素以外の合金、例えば、マンガン、珪素、ニッケル、クロム、銅、 モリブデン等々を加えた合金鋼とに大別されます。

 

 合金鋼は添加元素の種類と量によって、特殊な性質、高張力、じん性、耐食性、高温強さ、耐摩耗性、高磁性その他の性質を持たせた鋼で、合金元素の総量の多少で、高合金鋼、低合金鋼に分けられます。

 

通常の大量生産方式で生産される炭素鋼のことを普通鋼と呼びます。

普通鋼の特徴

純粋な鉄(Fe)のみで構成された純鉄は、軟らかすぎて切削加工時に負荷が高く、複雑形状には対応しにくいです(生産性が悪い)。

合金の研究などで使われますが、現在では電気的方法で作られ、電解鉄などと呼ばれます。(純度99%以上)

普通鋼種類

セキダイ工業が取り扱っている普通鋼の種類を一部ご紹介いたします。

  • S10C
  • S25C
  • S35C
  • S45C
  • S48C
  • S50C
  • SS400
  • NAK55
  • NAK80
  • 純鉄

金属加工対応素材

PAGETOP