マシニング加工

マシニング加工の特徴

マシニング加工

マシニング加工とは、マシニングセンターで、テーブル上に設置された工作物に対して、面や溝の加工をはじめ、穴開け、中ぐり(穴の拡大)、ねじ切りなどの加工を行うことを言います。

セキダイ工業では複数台、様々なマシニングセンターを用いて難形状・高精度部品の製作を行っております。

マシニング加工の種類

立型マシニング

立型マシニング

刃物が取り付けられる回転軸(主軸)が立て向き(垂直方向)についており、加工物を上から加工する構造となります。回転軸がX軸(縦)、Y軸(横)、Z軸(高さ)の三軸で動き、工作物を切削します。加工物を上から見ながら(加工者目線で)加工できるため、もっとも一般的なマシニングセンターと言えます。

横型マシニング

横型マシニング

立型マシニングセンターと違い、刃物が取り付けられる回転軸(主軸)が横向き(水平方向)についており、加工物を横から加工する構造となります。機構は立型MCと同じですが、工作物を横から削っていくことで切粉が下に落ちていくため立型MCと比べると、刃物が切粉を噛んでしまう可能性が非常に低くなります。細くて長い横穴や、精度の求められる横穴の加工に適しています。横穴加工には必要不可欠なマシニングです。

門型マシニング

門型マシニング

文字通り門構えの構造をしているマシニングで、回転軸は門の天井部に立て向きについています。

超大型の製品などの加工に使用されます。

五軸マシニング

通常の三軸(X,Y,Z軸)マシニングに、傾斜軸(A軸)と回転軸(C軸)が加わったマシニングセンターです。多種多様な加工が可能で、工程を分けること(工作物を付け替える)による精度低下を防ぎ、工程滞留なく質の高い仕上げが可能です。傾斜穴の加工、自由曲面形状とアンダーカットを伴う、フィン、インペラーのような三軸制御では物理的に加工できない複雑形状の加工が可能です。(詳細は【五軸加工】ページにて)

金属加工技術

PAGETOP