鋳物

古代から用いられる製造方法で作られた金属素材

鋳物

鋳物(いもの)とは金属を高温で溶かして、砂などで作った型の空洞部分に流し込み、冷やして固めて出来た素材です。

鋳物を作ることを鋳造(ちゅうぞう)と言います。

鋳物の特性

鋳物の最大の長所は、溶けた金属を流し込む工程のため、複雑な形状が一体感のある製品にて仕上がります。

鋳物製品は、その前準備として製品と同じ型をした模型を『木材、金属、砂』で作ります。この模型をそれぞれ『木型』・『金型』・『砂型』と呼んでいます。

 

また鋳物の特徴として「鋳巣(ちゅうす)」と「位置出しの難しさ」があります。

鋳巣とは、鋳物内部に存在する空洞のこと。通常は『巣(す)』と呼ぶことが多く、鋳造工法に関わらず巣は発生します。

鋳巣は液体から固体に凝固した際の容積変化により発生する引け巣と、溶解中の金属に吸収したガスが凝固時に放出しきれずに残った小さな気孔のガス欠陥に分けられる。当社では対策として、鋳造メーカーとの打ち合わせ、テストピースの手配、巣発生時の打ち合わせ等を行いお客様のご要望にお応えする体制をとっております。

鋳物の切削加工について

当社では鋳物であれば各種材質のマシニング加工、旋盤加工などを承っております。設立以来継続的に鋳物加工を行ってきた経験と最新設備を活かし、設計製作する加工用治具にて位置出しが難しい鋳物の切削加工も要求される品質を担保致します。

また、自動車・音響機器・工作機械・産業機械など様々な分野の加工をお手伝いしております。

鋳物の種類

セキダイ工業が取り扱っている鋳物の種類を一部ご紹介いたします。

  • AC2B
  • AC4C
  • AC7A
  • FC25
  • FCD400
  • FCD500
  • FCD700

対応素材

PAGETOP